ついに来た最強AIマシーン!!APPOS(アッポス)(APT)ICOをお億りします!

APPOS,APT,アッポス

引用:https://appos-t.com/


APPOS(アッポス)とは

Automatically Programmed Portfolio Optimize Systemの略、自動資産運用システムのことで、AI(人工知能)を活用した資産運用の金融プラットフォームです。

公式サイト・ホワイトペーパーも日本語対応なので、是非一度見てくださいね(*^-^*)

公式動画

APPOS(APT)アッポスICO情報

APPOS

  • トークン名称:APT
  • 上場日:4月
  • 取引所:わかり次第掲載
  • トークン価格:1APT=0.04ドル(約4.4円)
  • 開始時期:2018年3月1日~2018年3月31日
  • 総発行枚数:5,000,000,000枚

最近では、AI(人工知能)を取りれたFX取引などが推進されています。モルガンスタンレーなどの大手企業なども、既に個々でAIを導入しているとのことですが、APPOSはAIを使って資産運用して資産形成をします。その利益の還元をAPPOSトークン保有者に還元していくシステムですね。

APPOSトークン保有数に応じてサービスが変わるみたいですね。以下参照

APPOS,APT,アッポス

引用:https://appos-t.com/pdf/ja/APT_white_paper_ver2.pdf

資産運用についてのポイント

APPOS,アッポス

引用:https://appos-t.com/pdf/ja/APT_white_paper_ver2.pdf

APPOSの資産形成方法には、いくつかの基軸となるシステムが存在します。

(ホワイトペーパー一部抜粋)

1. 自律運用型ポートフォリオ管理システム (AIによる投資活動支援機能) 過去の為替・株式・コモディティ相場データから規則性やパターンの発現状況を分析し、さらに金 融商品毎のボラティリティや金融商品間の相関関係を測定することにより、その時々でユーザー の希望に応じた最適な投資資産配分を実行します。

ユーザーは特別な知識や経験に頼ることなく自己の希望する資産運用方針に沿って投資方針アン ケートに回答するだけで、資産ボリュームに応じた分散投資を行うことが出来ます。自立運用型ポー トフォリオ管理システムは、ユーザーの希望投資条件にそって運用商品を自動選択し、保有資産状 況を加味してユーザー条件毎にカスタマイズされたポートフォリオを作成します。

これにより、相 場状況に応じて、ユーザーの許容リスクや目標パフォーマンスに合わせた能動的資産配分が行われます。

要するに、AIが各ユーザーの意見を反映し、各個人の保有資産に応じて最適なプランを用意してくれるというものです。まさに近未来型ですね。最先端都市では、部屋の明かりをつけたり、自動で洗濯物を畳んだり、自動運転可能な車などAI搭載商品がありますが、本当に昨今の時代の変化はすごいですね。

2. ディープラーニング型自動売買システム APPOSの人工知能は、従来型の過去株価情報や為替レート情報などのヒストリカルデータにのみ 依存した自動売買システムは未来の相場で通用しない、という冷厳な仮説をベースに設計されてい ます。

相場が形成される過程においては、「GDP(国内総生産)」や「消費者物価指数」という数値で 表れる実生活に直結した経済活動である「実体経済」と、お金そのものを商品とみなして売買す る両替、FX、デリバティブ取引、銀行への預け入れと利息の受取などに代表される「金融経済」 の2つが大きな意味を持ちます。

特に直近の30年で金融商品市場は世界中に急拡大し、かつデ リバティブ商品の多様化により複雑化した結果、実体経済と金融経済との乖離が常態化し、遂に は仮想通貨市場という全く実体経済を基盤としない仮想経済ともいうべき第三の要素の出現に到り、金融相場は混迷を極める新たな時代に入ったと言えます。

このような混沌としたカオス相場 においては、従来型のヒストリカルデータだけに頼る相場変動予測は通用しないケースが増加し ます。したがって、新しい相場予測モデルが必要になります。

これは、AIというものが、ただ単に過去の相場や指標のみで行動するのではなく、時代に即して、AIが自動学習していくということですね。まさに、生けるロボット、人間の知能の何百倍以上の賢さをもっているAIに頼るしかなくなりそうですね。

APPOS,アッポス

引用:https://appos-t.com/pdf/ja/APT_white_paper_ver2.pdf

3.ソーシャルトレーディングプラットフォームシステム APPOS Tokenのプラットフォームは、スタンドアローン(独立)型取引プラットフォームとしても 機能します。APPOSトレーダーは自己の取引をプラットフォーム内で公開するか否かを選択する ことが可能です。自己の取引を公開したトレーダーは「ソーシャルトレーダー」としての資格(ス テータス)を得ます。

これは、簡単にいうと、プロのトレーダーが行うトレードをそのままコピーしてトレードしてしまうものですね。是非、エキスパートな方達に来てもらいたいものです。

4.ニューロAIによる完全自律型自動売買システム APPOSトークンは、分散型アプリケーションとして設計され、第二次予測値の算出により個々の アプリケーションは、独立したAIプログラムとしての個性を与えられます。

それらのAIプログラム は、APPOSトークンネットワークによって全体的なネットワークに接続され、個々のAIプログラ ムが他のAIと協議しあうことによってAPPOS Tokenネットワーク全体が大きなニューロAI(脳神 経型AI)として機能します。

APPOS のニューロAIは、ユーザーのリクエストに左右されること無く、独自の運用戦略を立て、 実行し、自己評価し、継続・修正を永続的に行うことにより相場変化に柔軟に対応できる運用戦 略を探し続けます。 ニューロAIに与えられる課題は「損失を最小化しつつ利益を最大化する」ことのみです。

AIは、こ の課題達成のために、あらゆる相場データを参照しながら複眼的観点で分析し、独力で戦略を立 案し、常に最適化を行い、永続的に資産運用を行います。 ニューロAIの戦略は、ストラテジーの一つとしてユーザーに還元されます。

これは、損失を最小に、利益を拡大する。というAIの唯一のプログラミングが、ユーザーからの誤情報などに左右されないように、世界各国の情報を1つにまとめ上げ、予測を推進していくということですね。凄すぎて、理解に苦しみます。

まとめ

これらを見ていると、近未来を手に入れられるように感じますね、プロジェクトは不可能ではなさそうですし、投資家にはもちろん仮想通貨保有者にとっても、明るい未来を提供してくれるAPPOS(アッポス)に期待したいですね。

スポンサーリンク
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です