コインチェックは破産!?仮想通貨のネム(NEM)コイン580億円を盗まれ取引停止!

コインチェック

引用:https://coincheck.com/blog/

コインチェック 倒産

事件は2018年1月26日の昼過ぎにコインチェックが、仮想通貨げあるNEM(XEM)の入金を停止した。ユーザーは理由がわからずのままだったが、その数時間後にコインチェックはすべての入出金および取引所内のビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)の売買を停止したのだ。コインチェックからの正式な停止理由の発表はなかった。

その夜、23時30からコインチェックの代表和田晃一良(27歳)と取締役大塚雄介氏、顧問弁護士堀天子氏の3名による記者会見が行われた。会見は夜中の1時を過ぎるまで行われた。

コインチェックによると、

  • 11:25 NEMの残高の異常な減り方に気付いた。
  • 11:58 NEM入出金(送金)を停止
  • 12:07~12:50頃にかけて、NEMの停止についての告知
  • 16:33 すべての仮想通貨の出金を停止(日本円含む。)
  • 17:23 ビットコイン以外のコイン(アルトコイン)の売買、出金の停止の告知

となっており、金融庁、警視庁への連絡もすでに完了しているとのことだった。

上記の時間から記者会見までの間、ユーザーは行く先を気にしてやきもきしていたのだが、そんな中、NEM財団の代表ロン・ウォン氏からコインチェックは大量のNEMのハッキングにあった。

NEMを守るためのマルチシグ(秘密鍵を分散して複数管理することでセキュリティを高めること)を実装していなかったのが原因で、NEMそれ自体の問題ではないので、ハードフォーク(救済措置)はしない!とツイッターでツイートされました。

コインチェック 倒産

この点記者会見では、マルチシグについて、コインチェック側は、「セキュリティについて、出来る限りのことはしていた。」と述べていたが、記者から「マルチシグは一般的に取引所などでされているものではないんですか?」との問いに、「マルチシグの実装は技術が高く後々実装しようとしていたが、他の優先事項があったため・・・」と少し苦し紛れのようにも聞こえる返答だった。

その他の、今後の対策やユーザー資産の保障など記者の問いにはほぼすべて「検討中」ということばで終始貫き通した。

コインチェックのCMで出川さんが出演しているが、火の粉が」飛び散らなければ良いとおもわれる。(個人的には好きなので。)

しかしながら、580億を失ったことがどういう事かを真の意味では、実感がないのかもしれない。仮想通貨世界で怖いのが、やはりゲーム感覚になってしまうことなのだ。

これは、コインを持った人であれば必ず体験していると思われるが、コインの価値が上がった時には、喜びがあり、喜びのあまりまだまだ上がってほしいという期待からコインを手放せなくなる。逆に下がった時は、手放さなければまたいずれ上がってくるだろうと、手放せなくなるのだ。

価格が急激にあがった時は資産の含み益が5倍、10倍、100倍となるので、周囲の人に自慢することが麻薬のような効果で仮想通貨依存となるのである。代表の和田氏は27歳と若い。

コインチェックのNEM事件では、過去最高の被害総額となるが、本事件までの過去最高被害額であったGOXも本社は日本であった。仮想通貨取引が盛んにおこなわれているとはいえ、日本の技術という看板を背負っていることを忘れずに頑張ってほしいものですね。


ハッキングされたNEM(ネム)は現在追跡中!?

また、NEMコミュニティの中にも技術を使って追跡をかけている方々もいますので、期待してます。また、NEM財団のロン氏も自動追跡装置を作っているとのことなので、これができれば、犯人確保できるかもですね。

見えないから分かりずらいですが、コインチェックもまた被害者なのです。この見えない相手を世界が追い詰めることが、本来の姿なので、責任の押し付け合いで仮想通貨界の日本の技術の低さを世界に宣伝することは控えましょう。

日本にはすばらしいコミュニティがいるのですから(^_^)/

スポンサーリンク
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です