広告費のたれ流しをストップ!未来のウェブマーケティングネットワークを実現するICO! LEAD COIN(リードコイン)見参

LEAD COIN,リードコイン

引用:https://www.leadcoin.network/

集客力の大幅アップ!未来のウェブマーケティング分散型リード共有ネットワーク


LEADCOIN ICO情報

 

リードとは何か?

リードとは、企業に特定の製品やサービスを求めて問い合わせた潜在顧客のことです。つまり、広くいうと何か欲しいと思いインターネットで探す私たち自身ですね。

LDC トークンはネットワークで他の企業からリードを購入するために使用されます。LeadCoin の LDC トークンはクラウドセール後すぐに取引可能になります。このトークンは Bancor Protocol に対応しているため、流動性に制限はありません。LDCは、トークン販売終了の24時間後に利用可能になります。

トークンの使用用途

LEAD COIN,リードコイン

引用:https://www.leadcoin.network/home-japanese.html

LeadCoin目標

企業は自社のウェブサイトにトラフィックを引き寄せるために 2 千億ドル以上費やしています。この費用は過去 10 年間継続的に増え続け、これは多くの業界で新たなリードを見つけるためにウェブマーケティングが利用されていることが原因です。LeadCoin はウェブマーケティングを根本的に変え、その効果は次の業界の全てに及びます

LeadCoin概要

LEAD COIN,リードコイン

引用:https://www.leadcoin.network/home-japanese.html

LeadCoinは企業による未使用のリード(例えば、何かを購入しようとしていたが、購入には至らずそのままの登録されたメールアドレスなど。過去の顧客情報)の販売と、他の企業からのホットリード(例えば、今まさにほしいものがあって購入したい人の登録されたメールアドレスなど。現在の顧客情報)の購入を可能にするのです。

販売者は自動的に未使用のリードをリアルタイムで共有します。LeadCoinのマッチングアルゴリズムはそれを分析し、リードと購入者をマッチングします。これによりある会社には不適合だったリードを他の企業が活用できるようになります。

リードとは、企業に特定の製品やサービスを求めて問い合わせた潜在顧客のことです。

テクニカル情報(参考)

LeadCoin ネットワークのアーキテクチャはブロックチェーンテクノロジーとイーサリウムスマートコントラクトをベースに、トランザクションの透明性とセキュリティ、信頼性を確保しています。リードスコア、購入者と販売者のランキング、トランザクション履歴が全てブロックチェーンシステムに保存され、全てのユーザーにより維持されています。データを操作したりトランザクションに特権を与えたりすることは一切できないため、購入者と販売者が安心してリードを共有できます。ブロックチェーンテクノロジーは業界ごとの異なるノードの開発が可能なため、ネットワークを全ての業界に発展させることができます。

信頼性

このプラットフォームはイーサリアムスマートコントラクトがベースのため、企業自身で設定したパラメーターに基づくセキュアなトランザクションが保証されます。

透明性

LeadCoin の全てのトランザクションはブロックチェーンテクノロジーにより透明性が確保されています。販売者と購入者には評価や過去の全てのトランザクションの詳細を含む誰もが閲覧可能な公開履歴があり、全てのトランザクションにおいて両者がお互いの信頼性を確認することができます。

分散型プラットフォーム

ブロックチェーンテクノロジーにより、単独でプラットフォームをコントロールできないようになっています。分散型システムはデータ操作を不可能にし、トランザクションに干渉したり、特定の販売者や購入者を優先化したり特権を与えたりすることが一切できません。このネットワークはそれぞれの参加者と参加者全員により共に検証・維持されています。

ロードマップ

LEAD COIN,リードコイン
引用:https://www.leadcoin.network/home-japanese.html

LeadCoinまとめ

分かりやすく言いますと、

  • インターネットなどで、会員登録した顧客情報の売買なるものですね。
  • 購入をあきらめたお客様にマッチした商品を提供できるようになる。
  • LEADのプロジェクトによって、企業の莫大な広告費のたれ流しを抑えれる。
  • ヤフオクのようなプラットフォームをLEADが提供し、個人、企業はそこでスポット的な顧客リストを購入することができるようになる

みたいですね(*^-^*)

例えば、楽天でメール登録した方が最新型IphoneZを購入したくて検索したが、楽天では売ってなくて諦めていたとしましょう。

その頃、アマゾンさんはIphoneZを売りたいと思い、LEADのプラットフォームで顧客を探していると、楽天がいろんなIphoneを欲しがっている方の、顧客リストを売っていたのでLEADCOINを使って顧客情報を購入。その中にIphonZを購入したい方(楽天で買えなかった人)がいたので、『購入できますよ』と通知して、見事に制約に至る。このような流れを想定していますね(*^-^*)

企業も広告費の節約でき、個人も情報が入ってくる近未来の姿ですね。LEADのプラットフォームに登録する人や、企業をうまく選定することができれば、安全な取引が沢山出来そうですね(*^-^*)!

スポンサーリンク
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です