ドバイ発、富裕層からのオファー殺到!!金(ゴールド)業界の健全化に取組む注目のICO LODE(ロード)(LDG)登録まで徹底解説!

LODE,LODE ICO,ロード

引用:https://lode.network/ja/

LODE公式ホームページ(日本語)

LODE公式ホワイトペーパー(日本語)

  • 主体:LODE
  • 発行トークン記号:LDG
  • トークン価格:1LDG=1ドル(約108円)
  • 配布日:購入後72時間以内
  • ハードキャップ(最大販売数):6,000万LDG
  • ソフトキャップ(最低販売数):1000万LDG

 


LODE(ロード) ICO時期

LODE,LODE ICO,ロード ICO

プロテクションセール

  • 販売期間:2018年02月15日 15:00 ~ 03月01日 04:59(日本時間)
  • 販売数:20,000,000 LDG
  • 最小購入額: 50,000 LDG
  • ボーナス:80%

一般セール/ステージ1

  • 販売期間:2018年03月15日 15:00 ~ 03月29日 04:59(日本時間)
  • 販売数:20,000,000 LDG
  • 最小購入額:1,000 LDG
  • ボーナス:40%

一般セール/ステージ2

  • 販売期間:2018年05月15日 15:00 ~ 06月15日 04:59(日本時間)
  • 販売数:20,000,000 LDG
  • 最小購入額:10 LDG
  • ボーナス:20%

 

LODE,LODE ICO,ロード ICO

引用:https://drive.google.com/file/d/1lGBOROkarS9Q7lBtL0UcI8RvV2ffHZFh/view

トークン内訳

LDGの発行総数は1億LDG。

トークンセールは発行総数の88%であり、残り12%の内訳は以下の通りに分配され全てのサービスローンチから1年間ロックアップする。なお、各フェーズに設定された販売上限に満たない場合、発生する余剰トークンは全てバーン(処分)する。

LODEとは、アラブで“金”などの製錬関係会社を営む一族3兄弟の1人が、若き日に不正を拒絶した叔父が銃で撃たれ、車いす生活を余儀なくされたことで立ち上がった。この不正が蔓延する“金”業界を正義の心で革命を起こすのが、CEOモハメッド・アル・ジブリールなのです。

 

CEO略歴

モハメッド・アル・ジブリール

LODE,LODE ICO,ロード ICO

引用:https://crypto-click.com/lode/interview/ja/

公式インタビューぺージ

 

1976 年に UAE の製錬関係の会社を営む一族の 3 兄弟の次男として生まれ、身体を動かすことが大好きでとにかく負けず嫌いだった。幼少期の夢はサッカー選手だったが、高校を卒業する頃には両親の強い勧めでロンドンの大学に留学し、卒業後はロンドンの製錬会社に就職する。

2007 年に祖父の病状が悪化し母国に戻り、既に家業を手伝っている兄弟のサポートにまわった。
その後、同業最大手の不正問題に危機を感じて奮起するも、業界独特の不正を排除できない壁と戦うさなかに「ブロックチェーン」の存在を知り、世界中を巻き込んで業界を変えられるという確信を持ち、現在は LODE の CEO として業界改革プロジェクトを 2016 年からスタート。

現在の金現物取引における問題点

LODE,LODE ICO,ロード ICO

引用:https://lode.network/ja/

消費者側の問題

取引における手数料の割合

金現物購入時には購入手数料が発生する。世界各国、販売会社によって異なるが平均的に約2.5%が金価格に加算される。さらにはその金価格にもスプレッドと言われる販売会社が利益を得るための価格差が乗せられている。これは各社によって差はあるが平均的に約2%前後だと言われている。実際の金購入時には市場価格より約4.5%も高い価格で購入することになるのだ。

また、売る時でさえも約4.5%の手数料が必要になる。金現物買取り業者においては、査定費用として「金」が本物かどうか調査するための費用を売却時に請求する会社もある。その他にも、購入した金を保管するための保管料を取られることも少なくない。

所有している貴金属の販売方法

あなたが持っている貴金属を売却しようとした時、買取店に足を運び相場よりも遥かに安い価格で売却しているのが現状だ。市場価格の70%も低い金額で引き取られることも多くある。

信用できる販売業者の選定

金という高価なものを扱う場合は手数料だけを見ていても仕方ないです。やはり信用のある販売業者を選定しないといけません。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

業者側の問題

複雑な流通経路

  1.  採掘場 鉱山の鉱石を細かくする
  2.  製錬所 鉱石から金を取り出し純度を高める
  3.  販売店 金を販売する店舗または業者
  4.  消費者 金を購入する消費者
  5.  保管庫 購入した金を安全に保管する場所

上記は1例ではあるが、これだけの輸送があり、それぞれに手数料が発生する。

失われていく協会への信頼

金業界においては金自体の価値を証明するための認定機関や協会が数多く存在し、個々の協会によって認定基準やルールなどが異なり、各協会独自のルールや審査に合格した精錬所で精製された金だけが、認定機関の刻印を刻める仕組みである。にもかかわらず、これは金を保証するものでなく、また、この刻印を逆手にとり、偽造して流通しているものも多々あるということ。

保管に関するリスク

最大の課題

金現物取引市場が中央集権化していること。無駄な手数料や販売コストがかかる。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

引用:https://drive.google.com/file/d/1lGBOROkarS9Q7lBtL0UcI8RvV2ffHZFh/view

これらの課題をクリアにしていくのが、LODEのプロジェクトの醍醐味であります。ブロックチェーン技術を利用し、不正改ざんが行われないようにしていくのである。これにより、各機関の相互連携はHUBの役割を担うLODE COREを中継することにより、秘匿性を維持しつつ、そのデータの信頼性を担保することが可能になる。

各機関はお互いにLODE COREを介して監査し合うことにより、不正が許されない堅牢性の高いネットワークが構築される。それは金の出所から現在の保管場所に至るまでのあらゆる情報が連携されるため、世界中の金の信頼性が担保される事になる。

金現物取引における無駄を排除するネットワークがLODE NETWORKである。簡単にいうと、製錬所(保管庫)・販売所・ユーザーを直接結び付けるネットワークでそこには監査機能も設けられた画期的なシステムになっている。

まとめ

LODEによって貴金属の業界が変わる。アラブ発信のプロジェクトであることも大きなポイントですね。金にまつわる最新プロジェクトなので、富裕層からのオファーも既に多々きているとのこと。プロテクションセールは、1口500万以上と高額なので、2018年03月15日 15:00に始まる一般セールのステージ1からの参加が現実的かもしれないですね。(*^-^*)

もしも買えるのでしたらプロテクションセールのうちに買った方がいいです。というのもプロテクションセールで購入すると80%のボーナスが付きます。購入時点で1.8倍です。今回、私は資金的に1口(約550万 1ドル=110円計算)投資する予定です。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

引用:https://crypto-click.com/lode/lp/ja/

 

資金的に余裕のある方は、こちらから登録してプロテクションセールで購入して頂ければと思います。

LODE公式ホームページ(日本語)

プロテクションセールで購入が難しい方は、2018年03月15日 15:00に始まる一般セールの参加になります。ICOはすぐに売り切れることもありますので事前登録はすましておいてください。事前登録の仕方は以下に記載しておきますのでご参考に!

余談ですが、日本最大級の金取引所を経営している友人がいますが、確かに年商2,000億超えてましたね。金額が大きすぎてピンときませんでしたが・・・(´・ω・`)このプロジェクトが、日本に進出してくると逆に友人が困りそうなので、早めに知らせておくことにします(^^)

事前登録の仕方

1.まずはこちらをクリックしてLODE公式ページへ移動する。画面を少し下にスクロールすると画像のボタンがあるのでクリックする。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

2.メールアドレスを入力してチェックボックスにチェックを入れて登録ボタンを押す。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

3.仮登録になりますのでメールを確認しましょう。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

4.届いたメールのリンクをクリックする。以下の画像参照。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

5.リンクをクリックしたら登録画面になりますので必要事項を記入して登録ボタンを押す。

6.登録完了。以下の画面になります。2/15日15:00以降に購入しましょう。

LODE,LODE ICO,ロード ICO

 

 

 

スポンサーリンク
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です