持ってるだけ!1年で100万円が250万円に!?REGAIN(リゲイン)ICOはステージ2が熱い!

REGAIN,リゲイン

通貨名称:REG

ICO時期

ステージ1は、2017年12月22日~2018年2月1日まで予定でしたが1月5日に完売してしまいました!!

ステージ2は2018年4月1日12時~5月15日ですが、4月15日あたりに完売なんてことがありえそうですね。

チャンスを逃さないために、取り敢えず急いで事前登録だけでも済ませましょう。(無料)REGAIN(リゲイン)の登録はこちらからできます。

 


REGAIN(リゲイン)のステージごとの詳細

REGAINの使用用途率

マイニングプール:REGAIN:REGトークン保持者=50:20:30

全てのステージのREGトークン発行の上限は65000REGとなります。

REGAIN(リゲイン)

REGAIN(リゲイン)ホワイトペーパーより引用

ステージ1

  • 発行トークン数:5000REG
  • 価格:1REG=4000USドル
  • 調達資金:約22.5億
  • 期間:2017年12月22日~2018年2月1日(実際は1月5日に売り切れました!)
  • マイニング稼働開始:2018年3月15日
  • 配当開始:2018年4月15日
  • 権利:ステージ4でICO発行セールの第1優先購入権が付与されます。

ステージ2

  • 発行トークン数:10000REG
  • 価格:1REG=4400USドル
  • 調達資金:約49億
  • 期間:2018年4月1日12時(日本17時)~2018年5月15日(実際は4月中に売り切れる可能性が高いと思われます。)
  • マイニング稼働開始:2018年7月1日
  • 配当開始:2018年8月15日
  • 権利:ステージ4でICO発行セールの第2優先購入権が付与されます。

ステージ3

  • 発行トークン数:15000REG
  • 価格:1REG=5200USドル
  • 調達資金:約87億
  • 期間:2018年7月1日12時(日本17時)~2018年8月15日(実際は7月中に売り切れる可能性が高いと思われます。)
  • マイニング稼働開始:2018年10月1日
  • 配当開始:2018年11月15日
  • 権利:ステージ4でICO発行セールの第3優先購入権が付与されます。

ステージ4

  • 発行トークン数:35000REG
  • 価格:1REG=4000USドル
  • 調達資金:約157億

【期間】

  • 第1優先期間:2018年10月1日12時(日本17時)~2018年10月15日
  • 第2優先期間:2018年10月15日12時(日本17時)~2018年10月22日
  • 第3優先期間:2018年10月22日12時(日本17時)~2018年11月1日
  • 優先なし期間:2018年11月1日12時(日本17時)~2018年11月15日

マイニング稼働開始:2019年1月1日

配当開始:2019年2月15日

REGAIN(リゲイン)ICO

REGAIN(リゲイン)ホワイトペーパーより引用

REGAIN(リゲイン)とはどのようなコンセプトか?

目的:「ユーザーがメインのビットコイン市場を取り戻し、ビットコイン市場の安全と健全化を目指す。」

簡単に説明しますと、ビットコインの取引が行われる際には、承認する第3者がいます。その第3者になると承認代としてビットコインがもらえるのですが、そのことをマイニングといいます。これが打ち出の小槌のように儲かるわけです。

このマイニングが現在Bitmainという会社がほぼ独占しているような状況になっているので、価格操作を行うことが出来てしまう状況になってしまうわけです。

REGAINも第2位に位置するほどのマイニング力を保持していますが、自身が自力でTOPになったところで、独占して価格操作、なんてことになりかねないので、それを食い止めようとしているのです。

そして、このREGAINを保持しているユーザーに高配当を行うことによりマイニングのシェアを一般ユーザーにゆだねるように企画したわけです。

例えば、電気代を想像してください。電気代をもし1W1万円などとされてしまうと、生活出来なくなってしまいますよね。だから、ある程度国が規制をかけて電気代を一般ユーザーに安く提供することが出来ているわけです。

ビットコインもこの承認のプロセスが独占されると価格を吊り上げることも可能になってしまうので、この価格を簡単に操作できないように、間接的に一般ユーザーにその権利を渡してしまおうというものです。

これを考え出したのは、実はこのマイニングを独占しているBitmain社の重役に所属していたダン・アフレックなのです。

REGAINの開発チームです。

REGAIN(リゲイン)

https://project-regain.io/jp/より引用

左上の方ですね。

ダン・アフレックはBitmain社の立ち上げにかかわった中の一人で、中国の最も勇猛なASICというマイニングチップを開発した人物であり、Bitmain社の子会社Antpool社(マイニングに力を入れている会社)では、マイニングマシンの改良などを手掛けてきた人なのです。

マイニングマシンを知り尽くした人物がダン・アフレックで、問題に立ち向かうために企画したのが、REGAINです。

現在のマイニング市場

このシェア率を2019年には80%をREGAINが獲得して、その利益を一般ユーザーに高い割合で還元する。だからこそ、独占の分散化が可能になり、健全な市場を保つことが出来るのです。

REGAIN(リゲイン)

REGAIN(リゲイン)ホワイトペーパーより引用

なぜREGAIN(リゲイン)はステージ2が熱いのか!?

REGAINはその高額報酬を還元するという性質上、怪しいと思われる書き込みも多く存在します。それもそうですよね。今までそんなおいしい話は存在していないわけですから。

ここで注目して頂きたいのが、報酬の配当次期です!ステージ1は終わりましたので、そこで購入されている方は、配当を4月15日にはもらえるわけですよね。

ということは、ステージ2が4月1~5月15日までなので、ステージ1での購入者の実際に配当を受けとったという声をきいてから、REGAINを取得することが出来るのです。

完ぺきではないですが、出来るだけ石橋をたたいて渡るほうが、私に向いておりますので、ステージ2が一押しというか私のREGAIN ICOの参加時期となります(*^-^*)

もう一つの注目点!配当の金額!!

1REGで計算すると

1REG=4400US=48万4000円(@110円/US換算)

1REG=0.034BTCの報酬設定なので61,200円程/月(1bitcoin 180万計算)

月報酬61,200円

年間=734,400円!!

2REG(968,000円)(@110円/US換算)購入すると

月報酬122,400円

年間=1,468,800円!!

100万円投資したとすると、海外でしたら余裕で生活できますね。日本で住む場合は300万は投資したいところです。

良くホワイトペーパーに記載する勇気がありましたね。ってくらいすごいですね。

 

と、凄すぎるので怪しいという声が出ております(-_-;)

取り敢えず私はステージ2で100万円分ほど運だめしです( ^^) _

REGAIN(リゲイン)

https://crypto-click.com/regain/lp/ja/より引用

※第四期の購入権は第一期が一番早く、次に第二期、次に第三期と順番になっているため早めに購入するのがいいでしょう。

現時点では購入前の事前登録ができます。いざ、購入しようとしたとき買えないのは残念過ぎるので、事前に登録しておき情報は早めに取得しておきましょう。

REGAIN(リゲイン)ICO登録サイトはこちら

スポンサーリンク
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です